中村建設株式会社は、おかげさまで60周年。今までも、そして、これからも。

  • 1908→1959[昭和41年→昭和34年]
  • 1960→1969[昭和35年→昭和44年]
  • 1970→1979[昭和45年→昭和54年]
  • 1980→1989[昭和55年→平成元年]
  • 1990→1999[平成2年→平成11年]
  • 2000→2015[平成12年→平成26年]

人力からブルドーザーへ

【南赤石林道工事】
国内で初めて林道工事にブルドーザーを導入した中村一雄その功績は土木技術業界にセンセーションを巻き起こし、後の中村建設発展の基礎を築くことになった。

1960(昭和35)年、中村一雄が二代目社長に就任。当時は公共工事の実績が少なく、競合の少ない山間僻地の開拓工事に活路を求めた。その象徴ともいえるのが39年の南赤石林道工事である。
敗戦から20年。急速な高度経済成長を遂げる日本で、地方都市浜松にも労働運動の波が押し寄せ、ストライキの波紋が広がりつつあった。弊社は1966(昭和41)年に全員経営参加という目的で、初の社員総会を開催。1968(昭和43)年には、肩書きに関係なく、すべての社員が公平に一構成員であることを目指した組織「中建共済会」が発足した。

■南赤石林道工事を1億4千万円で受注

昭和30年代後半、浜松建設業協会には100社に及ぶ業者が加入していた。会社創設からまだ歴史の浅い中村建設は、公共工事の実績が少なく、2代目社長に就任したばかりの中村一雄は、後発というハンディをどう克服するか模索していた。当時、県の西部地区には、交通の不便な山間僻地の、しかも危険度の高い林道工事に手を出すような業者は皆無だった。そこで一雄は、「人の嫌がる、競合の少ない工事=林道開発工事に重点を置こう」と閃いた。
 昭和39年5月、東京営林局から榛原郡本川根の南赤石開発幹線林道工事を1億4千万円で受注。標高1000mの断崖を切り拓き、道路延長4.5km、幅4.5mの自動車道を造るというものだった。
 施工前、調査グループを現地に派遣。南赤石連峰周辺は、大札山、竜馬ケ岳、蕎麦粒山など、1600m級の人跡未踏の深山が連立している難所だ。その山頂を縫って開発するのがこの幹線林道である。
 この路線は80%が岩肌を現わし、雑木が生えているとはいえ、その不気味さが恐ろしいまでに感じられる。受注した喜びも束の間、果たしてこんな難工事が工期内に完成できるのかどうか、調査団は大きな不安と焦燥に襲われた。調査を指揮した鈴木稔は、「通常の人力作業では期限内の竣工は不可能です」と一雄に報告した。

南赤石林道工事(当時)
南赤石林道工事

■ブルドーザーを投入せよ!

そこで、一雄は社運を賭けて英断する。「ブルドーザーを投入せよ!」鈴木はもちろん、山間僻地の林道工事を5年間専任して来た永山も、作業責任者の野島もみんな唖然とした。こんな地盤の不安定な林道工事に機械を使うとは、誰もが予想もしなかったからだ。地形から懸念されたのは、ブルドーザーが迂回できるかどうかということ。勝負はこの一点で決まるのだった。
 5月6日、総動員で地形の調査を開始。岩肌の見える急斜面では、ブルドーザーの迂回は不可能だ。全員の失望は大きかった。ところが、ある職員から、山頂は意外に緩やかな勾配であるとの報告が舞い込んだ。これにヒントを得て、尾根伝いにブルドーザー10台を入れる計画を立てた。調査した結果、西方を走る山脈をよじ登り、その尾根伝いに進路を開設すれば、ブルドーザーを迂回投入できる可能性が判明した。こうして11kmに渡る迂回道の建設を開始したのだ。やると決めたら絶対に諦めない不撓不屈の精神。先代社長の竹蔵から受け継いだ、技術への執念である。
 いよいよ、ブルドーザーによる決死の前進が始まった。が、前人未踏の原始林を前進する作業は危険と困難を極めた。巨大な岩を砕き、原始林を拓き、丈なす熊笹を掻き分け、眼下に雲を踏まえ、ブルドーザーの本領を遺憾なく発揮したが、難所に次ぐ難所の連続で、苦難に身も心も疲労困憊を極めた。

南赤石連峰(当時)
南赤石連峰

■昼は峻険に挑み、夜は危険と苦闘する日々

ことに水源地はなく、キャンプ地から往復3時間余もかかる谷間から水を運ぶ状態で、身体は汗と垢で黒ずみ、作業着は裂け、何日もの幕舎生活で身体の休まることもなく、体力と精神の限界に挑戦し続けた。夜は、静けさの中にフクロウの声が轟き、時にはサル、熊、シカ、タヌキ、狐などの来訪で熟睡できるはずもなく、下界では想像もできない劣悪な環境だった。昼は峻険に挑み、夜は毒蛇などの危害を排除しつつ苦闘すること10日余り、ついに計画地点にブルドーザーを進出させることに成功した。
 10台余りのブルドーザーは、全工区の各所で逞しい轟音を響かせ、日ごとに山容を変えていき、道路の形が徐々に見え始め、着工してわずか4か月足らずという驚異的な短期間で達成した。6月1日、ついに目的地に着いた。一同の腫れ上がった目には疲労の色も見えず、飛び上がらんばかりの歓声が山にこだました。
 従来、林道工事を施工する場合、工費が5千万円、工期が4か月位の規模の工事であれば、労務者が100人〜150人は必要だった。しかし、ブルドーザーを導入すれば30人前後で済む。また、山間僻地で多数の労務者を雇用することは、安全問題も含めて、労務管理に大きな困難が伴い、それも悩みの種だった。

■中建の名を全国に轟かせた画期的な工法

そんな問題解消も含めて、林道工事に初めてブルドーザーを使うことを考えた中村一雄の功績は、当時の林業土木技術界にセンセーションを巻き起こした。数年を待たずして、林道工事の施工法が人力からブルドーザーへと移行されたのだから、その萌芽はまさしく中村建設が蒔いたといっても過言ではない。この画期的な工法は、中村建設の名を全国に轟かせ、その後の社の発展の基礎を築くことになった。

1960[昭和35年]

5月27日
初代社長中村竹蔵は勇退して会長に、専務中村一雄これを踏襲して2代目社長に就任する。

6月15日
増資 資本金 1,000万円となる。

1961[昭和36年]

5月1日
磐田合材工場新設。

5月12日
従来の「12日会」を改め「中建会」を発足。

1962[昭和37年]

1月26日
資材納入業者による「中興会」発足。

9月27日
社報創刊号発行(担当 立花恵吉)。

1963[昭和38年]

3月20日
1級建築士事務所登録(静岡県知事登録第451号)。

4月17日
東海道新幹線御津地区における工事金に絡む訴訟事件発生。

9月16日
会長中村竹蔵紺綬褒章を受賞。

10月22日
増資 資本金 2,000万円となる。

1964[昭和39年]

5月6日
南赤石林道工事において、ブルドーザーを迂回させての画期的工法開拓。

9月1日
機材部を設置。

工事の様子(当時)
断崖を切り拓くブルドーザー
南赤石林道工事(当時)
南赤石林道工事の様子

1965[昭和40年]

6月16日
創立10周年記念式典を開催、本社々屋完成披露。

11月7日
増資 資本金 3,000万円となる。

1966[昭和41年]

6月20日
御津新幹線工事における工事金に絡む訴訟事件和解成立。

6月21日
会長 中村竹蔵逝去、社葬。

故中村竹蔵会長、社葬の様子
故中村竹蔵会長の社葬

1967[昭和42年]

1月1日
社歌制定。

3月31日
第12期決算において、完成工事高はじめて10億円の大台にのる。

9月1日
磐田営業所開設(所長 宗賀元春)。

1968[昭和43年]

2月27日
水窪町永福寺において、同地方工事殉職者の慰霊供養を行う(供養塔建立)。

7月3日
増資 資本金 4,000万円となる。

10月26日
「中建共済会」発足。

中建共済会館(当時)
中建共済会館

1969[昭和44年]

4月1日
浜松工事機材株式会社を設立。

5月28日
中村住宅株式会社を設立、後に中建住宅株式会社と改める。

8月
新城に新アスファルトプラント完成。

新城アスファルトプラント(当時)
新城アスファルトプラント