20180131_02-01.jpg
 本工事は浜松市発注の工事で浜北区小松地内での中学校移転計画に伴う新築工事でした。同敷地内では校舎棟工事・プール棟工事・外構工事等の別工事が同時進行していく中でお互いに搬入計画・施工計画等の調整を取り工事を行っていきました。特に校舎棟とは昨年の10月から同時進行していく工事でしたが、コミュニケーションよく竣工を迎える事が出来ました。

20180131_02-02.jpg 建物は平成28年11月から地業へ着手し基礎、躯体工事へと進めていきました。体育館屋根はダイヤモンドトラス工法のアーチ状となっていて、この屋根鉄骨工事を技術提案事項として工場製作段階からの管理、現場での施工精度管理に力を注ぎました。

 現場ではまず、2階躯体へのアンカーボルトセットが肝となります。この施工精度で鉄骨組立精度が決まってしまいます。社内・現場職員・関係業者と協議をし、今回はアンカーセット用テンプレートを型枠に乗せる事が出来るサイズまで大きくして型枠上に直接固定する方法としました。これによって型枠に出した墨に合せてテンプレートをセットできズレも許容値内で施工する事が出来ました。屋根鉄骨工事の中で特にジャッキダウン時の変位量管理については構造解析で出ていたジャッキダウン時の変位量を更に厳しい管理値を設けて管理しました。全箇所の変位量を測定し全てを管理値内に納める施工をする事が出来ました。

 今回の新しい浜名中学校は生徒数千人を超える市内最大規模の中学校となります。この様な大規模工事に携われた事を大変有難く思います。近くを通る度に家族・知人に誇れる良い物を作る事が出来ました。この経験を糧に今後も努力していきます。御協力頂きました皆様本当に有難うございました。

●工事概要 
RC造2階建て体育館新設
建築面積/26518.05㎡ 
延床面積/2723.89㎡(屋根小屋組S造)

担当:建築本部 第2グループ 和田 航介

ホテル ルートイン豊橋駅前 新築工事

20180131_01-02.jpg
20180131_01-01.jpg 当現場はルートイン開発株式会社様より発注をいただだいた工事で、豊橋駅より北東へ徒歩5分程の場所に位置します。鉄骨造14階建のビジネスホテルで1階はロビー、フロント、厨房、レストランなどがあり2階から14階にシングル150室、ツイン34室、ダブル12室の計196室の客室があり、大浴室は2階にあります。

 我が社での、ルートイン様の物件の施工は今回で11店舗目の工事となり、ルートイングループでは、287番目の店舗にあたります。10月5日に引渡し、10月17日にオープンをしました。

 今回の工事は、我が社施工物件の中で、敷地が717.4㎡と最も狭く、駅前の為交通量が多い、高さが広告棟の最上段で地上47.1mの高さ、2階に大浴室、別途工事ではありますが、機械式立体駐車場高さ35.7m、60台分が敷地内にあり、同時施工での工事でした。またルートイン開発様の最新の仕様、要望を理解、実現化することなどが挙げられました。

 工事中は土留め、鉄骨建て方、タワークレーン設置場所、吊構台などの施工検討において、現場職員、協力業者の皆様と何度となく検討を重ね、豊橋警察、三河事務所などへの手続きと協議に時間を費やした結果、おかげ様で無事故、無災害にて工事を終えることが出来ました。

 工事の施工は、場所が豊橋市ということもあり、職員、協力業者様とも本社、名古屋支店との合同で施工にあたりました。同じ会社ではありますが、地域性もあり色々な新しい発見もあり良い経験になりました。私自身もさらなる品質向上を目指して行き、ルートイン開発様のご期待に応えて行きたいと思いますので今後共よろしくお願い致します。

担当:名古屋支店 建築グループ 山田 一之

矢田管更正工事

20171105_03-01.jpg
20171105_03-02.jpg 本工事は、名古屋ドーム(名古屋市東区付近)での下水道工事【管更生】となります。

 全国の下水道管は、耐用年数50年以上を経過する管路が年々増加しています。それを放置すれば、下水管が壊れ使用できなくなります。それが漏水に繋がり、最悪の場合、道路陥没という大事故が発生する可能性もあります。そのため、既設管を新管と同等以上に復活させる【管更生】というメンテナンス工事が必要不可欠となります。

 管更生工事の概要は、現在使用中の古い下水管の内側に、新しい下水管を造る(非開削)いうものです。管更生後は、水の流れやすさの数値が向上するため、元々の管より性能が上がるようになっています。

 今回は、【3Sセグメント工法】を施工しています。この工法は、硬質塩化ビニルにより成形したセグメント材一つ一つを円形に組み立て、新しい管が造られます。組み立て完了後は、古い管と新管との間に隙間ができるので、その隙間にセメント充填を行い一体化させれば施工完了となります。その作業は、すべて下水管φ800㎜の中で行われます。この管径は、人が管内で作業可能な最小限の大きさです。管内では、常に四つん這いで頭は上げられない状態です。また、下水管内は酸素欠乏や中毒ガスが発生している可能性があります。雨天などの増水で流される可能性もあります。一瞬で命を落としかねない非常に危険で過酷な作業環境です。これらは、目に見えないため事前確認の徹底等による安全管理が不可欠となります。

 工事は、順調に進んでおり完成目前の状況です。今後も工法知識を深めつつ、日々の安全・施工管理を徹底し工事を完成させたいと思います。

担当:土木部 山内 良介

ル・シェモア宮本町新築工事

20171105_02-01.jpg
 本工事は、セキスイハイム東海株式会社様発注の分譲マンションです。株式会社アビリティーとのJV工事で、10月22日に引渡しの物件です。

20171105_02-02.jpg 建物概要は、建築面積499.76㎡、延べ床面積1758.64㎡、RC造5階建て1フロア4戸の計20戸です。JR東海道線静岡駅より徒歩15分、東名静岡ICより車で10分程の閑静な住宅街に立地しており、治安も良く、防犯設備もしっかりとした建物になっています。

 平成28年10月より工事を行い、約1年の工期を終えようとしています。一方通行の細い道路に囲まれていることや、現場内が狭いことで、搬入・搬出の調整、現場の資材の整理に非常に苦労しました。さらに住宅街ということもあり、日曜・祭日の作業の禁止や時間の制限もあり、なかなか思うように工程が進まないこともありました。しかし、各業者の皆様の協力もあり、大きな事故もなく安全に工事を進めてこられたことは、非常に良かったと思います。

 マンションの工事、JV、ボイドスラブという工法等、私にとって新たに多くの経験ができた現場でした。そして地元静岡市で、仕事が出来たこともとても良かったことのひとつでした。入社して4年目ですが、まだまだ分からないことも多いです。ここでの経験を次回も活かしていけるように努力していきたいです。

担当:建築本部 殿岡 亮太
20171105_04-01.jpg
■地域の人に愛される施設を

 「引佐みやまの里」の名称は周辺の住民の方々からの公募によるものです。48の名称が寄せられ、元々この地域を深山(みやま)と呼んでいるところから親しまれる名前が選ばれ、開所式で発表されました。

■だんらんホールを設けた理由

 5階部分の「だんらんホール」とミーティングルームは峰野施設長の発案で誕生しました。
   「周辺の喫茶店やお店がだんだんなくなっていく状況の中で、少しでもこの場所に留まってもらえる施設を造れば、方廣寺を訪れる観光客だけでなく、ご近所の皆様にも喜んでもらえるのではないかと考えました。」

 引佐みやまの里の建つ敷地は奥山方廣寺門前通りの南側で10メートル下がった場所にあり、計画の段階で建物の屋上が門前通りとほぼ同じ高さになることがわかりました。そこで、門前通りからも施設へ入ることができる「空中通路」を設けて屋上ホールと繋げ、オープンなフリースペースとして利用できるように設計されました。方廣寺の三重の塔を眺めながら、春は桜、秋は紅葉を愛でることができる開放的な場所としてコーヒーや地元の名産品が味わえるようなサービスも計画中とのこと。また、ミーティングルームは地域の人が会合などで利用することもできます。

■個室は全室南向き

 昨今の施設では収容スペースの関係で1フロアをいくつかに区切るユニット型個室が多い中、引佐みやまの里は全室が南向きに造られています。日当たり、風通しの良い快適な個室となっています。

 「引佐地域での実績物件が多い中村建設さんは信頼感が大きく、安心して施工を任せられました。また担当者の方もそれに応えていただいたと思います」と話してくれました。

20171105_01-01.jpg
 当工事は、社会福祉法人奥山老人ホーム 理事長 巨島泰雄様(臨済宗大本山「方廣寺」宗務総長)より発注いただいた、特別養護老人ホームの建設工事です。場所は、北区引佐町奥山、方廣寺・半僧坊への入口鳥居の南側です。昨年9月末に着手し、本年8月17日に引渡し、29日竣工式を行い、9月1日より運営開始となりました。

20171105_01-02.jpg 建物はRC造5階建て、ショート10床・特養70床の施設です。全室個室、南向きの特養は他の施設には無い設計です。5階は地域開放を目的とした「だんらんホール・会議室」を擁し、北側の門前通りから空中通路を渡って、地域の皆様が気軽に利用できる施設を併用しているのが特徴です。外観も落ち着きある色調と瓦屋根が融和され、廻りに溶け込む建物です。また、緑の山々に囲まれ、春は桜と方廣寺の三重の塔のコラボレーション、秋には紅葉が絶景です。屋上で入所者、地域の皆様がお花見を楽しんでもらえたら幸いです。地域の皆様に愛され、笑顔と真心でサービスを提供する施設を目指すことを理念とした建設工事に関われたことを誇りに思います。

 工事に当たっては、岩盤に伴う掘削工事、敷地状況に伴う搬出入計画、空中通路の施工等苦慮した点は多々ありましたが、奥山老人ホームの皆様、近隣住民の皆様、設計監理・中川猛一級建築士事務所、各協力業者の方々のご協力により、笑顔で喜んでいただける建物が完成できたと思います。誠にありがとうございました。

担当:建築本部 落合 政友

村櫛漁港防食工事

201709_05-01.jpg
 本工事は、村櫛漁港の老朽化した護岸の修繕を行う工事です。

 当現場の護岸は約40年前に鋼矢板で施工された護岸で、腐食が非常に進行していました。場所によっては鋼矢板に開孔が見られ、地山が流出しているような箇所が多数見られました。

201709_05-02.jpg 本工事では延長22.0m、施工高さ2.8m内海中部1.5mの範囲をコンクリート被覆工法にて施工しました。工事方法としては鋼矢板に付着した浮錆、海藻類を一度撤去し、腐食状況の調査を行います。調査完了後、素地調整を行い、調査結果に基づき、鋼矢板に発生した開孔を塞ぐ目的と鋼矢板の耐力を補う目的で鋼板を溶接します。鋼板の設置完了後、専用の架台、底板を設置し、FRP型枠を設置します。FRP型枠設置完了後は型枠と鋼矢板の間に海中部は水中不分離コンクリート、気中部は高流動コンクリートを打設し完了、という方法で工事を行いました。

 当現場では海上、海中での作業が主となります。海上での作業では通常の陸上工事とは違い、潮位、波高等が作業に影響を与えるため、日々確認を行い、状況によっては作業中止にする等の措置を取りました。また海中での作業は潜水士が主となるため、潜水作業についての安全管理について学びながら施工することが出来ました。

 現在1期目の工事がほぼ終了し、2期目の工事を開始しようとしています。今後も無事故無災害で現場を終えるよう努力していきたいと思います。

担当:土木本部 福田 和世

笠井上橋下部工工事

201709_04-01.jpg
 本工事は、東名高速道路の浜松ICと新東名高速道路の浜北IC間を結ぶ道路整備事業を目的とした工事です。当社では、その中の一級河川安間川に架かる橋梁の下部工の築造および護岸工事の施工となります。工事概要として、橋台1基・ブロック積工、157㎡・仮設工1式となります。施工場所は、浜松市東区笠井上町で(主)天竜浜松線道路バイパスと安間川が交差するところとなります。

 この工事は、4年前に当社で施工した橋台(右岸側)の対岸側に新しく橋台(左岸側)を築造するもので、今回はその4年後に発注された工事であります。

201709_04-02.jpg 工事の流れとしては、始めに大型土嚢による河川の切り廻しとウェルポイント工による地下水を揚水し、護岸工および橋台の施工を行いました。特に苦労した点は、河川での工事のため地下水位が高いこと、切り廻しした河川と施工箇所との十分な離隔もないことから、護岸工施工時に法面が崩壊する危険もありました。そのため、社内および施工業者と施工方法を事前に検討し、護岸基礎部の施工変更や土留対策を実施できたことで安全かつ短期間にて工事を進めることができました。

 今まで担当してきた工事では、上司が必ずいましたが、この工事では最初から一人での担当でした。今回、この工事を無事故で無事竣工できたことは、協力業者様をはじめとする関係者皆様の御協力によるものであると感謝しております。厚く御礼申し上げます。

担当:土木本部 竹内 陽介

カルティア東海通駅新築工事

201709_03-01.jpg
 当現場は、イワクラゴールデンホーム株式会社様よりの発注で、名古屋市港区辰巳町、名古屋市営地下鉄名港線東海通駅より徒歩3分の所です。

 建物概要はRC造地上9階建て、敷地面積1472.78㎡、建築面積642.04㎡、延床面積3421.05㎡で、37戸の分譲マンションです。

201709_03-02.jpg 周辺環境は主要道路から奥に入った住宅街の中にあり、四方道路で囲まれた場所にあります。近くに中川小学校があり、周辺が通学路となっていて、登下校の小学生との接触が無い様に注意しています。また、住宅街の中にある現場ですので、遅くまでの残業は出来ません。現在の進捗状況は、1階が棟内モデルルームとしてオープンしています。躯体工事は5月1日に9階のコンクリートを打設して上棟しており、下階は2階より内装工事を行っています。仕上げの方では室内の玄関、LDKに間接照明があったり、PBの出隅部はR面となっていたりと、凝った仕様となっています。販売状況は4月末で残り10戸を切っているということで好評です。6月末には外部足場の解体を行い、8月中旬には諸検査の予定で、これから追い込み時期となりますが、最後まで事故を起こさない環境づくりをしていくことと、お施主様の要望に応え、良い品質の建物が出来上がるように管理に努め、顧客満足を得られるように努力していきたいと思います。

担当:名古屋支店 平手 一成

HALLABO新築工事

201709_02-01.jpg
 当工事は、金子コード株式会社様よりご依頼があり、以前に施工させて頂いた「HARUNO CAVIAR VALLEY」と同敷地内に建築の会員制レストランです。

 建物概要としては、木造2階建て、延床面積約60㎡です。

 こちらのレストランは、1階ライブキッチンにてキャビアの製作工程を体感し、2階ダイニングにて食事と景色を楽しむ贅沢な施設となっております。

 建物の形は、外壁を濃い色で目立たなくし、屋根を強調させて、チョウザメの背骨をイメージしており、仕上材をガルバリウムの菱葺きとする事で、鱗を表現しております。

201709_02-02.jpg 1階のキッチン・水廻りは白を基調としたシンプルな内装となっており、対照的に2階ダイニングでは、地元の天竜杉を構造材兼仕上材として天井・壁に採用し、シンプルな構造ながらもダイナミックな空間となりました。

 川側に面した壁面は全体を大きなガラス引き戸とFIXガラスとしている為、建物の中にいながらも外と繋がる感覚が味わえ気持ちよく過ごせると思います。

 3ヶ月という短期間でしたが、お施主様、意匠・構造設計の方々、協力業者の方々、上司・同僚など多くのお力添えを頂きまして完成させる事が出来ました。心より感謝致します。

担当:建築本部 仲田 ゆき