みをつくし直虎桟橋 整備工事

201705_06-01.jpg
 平成29年1月より浜松市北区の引佐町井伊谷を舞台としたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送がスタートしました。それに伴い天竜浜名湖鉄道気賀駅に隣接している、みをつくし文化センターは大河ドラマ館に生まれ変わり連日多くの観光客が訪れています。大河ドラマ館と気賀関所周辺には、市内外から多くの観光客が来訪される事は事前に予想され、遊覧船を運航する事で渋滞緩和や地域振興につなげる船着場の設置が望まれました。

 今回の事業は、ヤマハ発動機株式会社様より提供して頂いた浮桟橋と静岡県浜松土木事務所と浜松市役所が護岸や周辺の整備を行なったインフラに、NPO法人浜名湖観光地域づくり協議会や船事業者がオペレーションを行なう文字通り官民連携によるものです。

 工事自体は小規模でしたが、施工内容は板柵護岸、浮桟橋設置、階段設置など多くの工種が含まれていました。特別な事は、施工が現場合わせによるものでしたので、複数の発注者からそれぞれの施工内容について意見を聞き、それを基に調整決定していくことでした。また、運航開始日が決まっていたため、絶対に遅延は許されないというプレッシャーもありました。

 直虎舟運は3月25日(土)から運航が開始されました。今回の運航は大きく次の3つのコースを予定しております。1つ目は今回施工した「みをつくし直虎桟橋」と舘山寺温泉を結ぶシャトル船、2つ目は「みをつくし直虎桟橋」を発着とした遊覧船です。3つ目は計画調整中ですが、「みをつくし直虎桟橋」と「東名高速浜名湖SA」を結ぶルートです。これら奥浜名湖エリアには桜の名所が多数あり、春には花見クルーズを楽しむことができます。運航は大河ドラマ館の開館されている平成30年1月中旬までを予定されておりますのでぜひ一度お越しいただき、ご乗船ください。

担当:土木本部 鈴木 航

明星工業株式会社浜松工場 第1期建築工事

201705_05-01.jpg
 明星工業株式会社浜松工場第1期建築工事、新第3工場を3月7日に無事お引き渡しする事が出来ました。

 当工事(第1期工事)は平成27年末より始まり、第6工場を完了した後、明星工業様の引っ越しとテント倉庫棟の解体工事を経て、28年9月より着工、29年2月末の完成という工程で進めてきました。明星工業様においては操業しながらの工事であり、資材などの搬入搬出車両の動線が重なる中での工事でした。

 構内での工事ということを念頭に置き、操業の妨げとならぬよう搬入出車両を最優先に考え工事を進めました。幸い構内へは東側と北側に各1カ所、計2カ所の出入口があり、どちらかの動線を確保することができれば操業に支障が出ず進めることが可能だったため、密に連絡を取りながらスムーズに管理できたと思います。

 また基礎工事においては工区割りを日々見直しながらの品質管理・工程管理となりました。資機材の仮置き場所、搬入日時などについても綿密な計画と見直しと協力業者との確認を行い、操業への影響を最小限にとどめるよう努めました。

201705_05-02.jpg 明星工業様は、プラント施設・原子力発電所・タンカー等で使用される断熱材の設計から製造、さらには現場での施工まで全てを一貫して行う断熱技術では世界でも有数の会社です。今後の需要の高まりも相まって今回当社に新工場の建設をお任せしていただけたことに感謝いたします。

担当:リフォーム本部 鈴木 宗和

あゆみの森保育園 新築工事

201705_04-01.jpg
 当工事は、社会福祉法人育徳会様より発注いただいた工事で、設計監理を竹内設計舎様が行い、浜北区寺島にて新築する保育園の工事です。

201705_04-02.jpg 保育園の建物概要は、鉄骨造一部2階建て、延べ床面積約1150㎡、外壁はサイディング貼りで、近隣の住宅街との調和が取れた落ち着きのある外観が特徴です。屋上には庭園や吹抜け、デッキテラス敷となっており、他の保育園とは違い、お施主様のこだわりがつまった仕様になっています。また内部は、白を基調として統一された中に木枠の塗装やニッチ等のアクセントクロスが特徴の内装で、玄関ホールには大きな吹抜けがあり、大変見栄えのする空間になっています。工事は平成28年の9月初頭から着工し、3月10日に無事引き渡しを行いました。

 建物を造る施工者の立場として、人が住む箱としての役割だけでなく、子供達が危なくないようにと先生方と相談しながら危険箇所を洗い出し対策をしてきました。

 年度末の忙しい時期に工事を行いましたが、品質・出来栄えともに満足のいく建物を造ることができたと思います。現場周辺は住宅街の為、騒音に気を付けながら工事を進めてきましたが、約7か月間無事故・無災害、問題なく工程通りスムーズに工事を進められたことはお施主の育徳会様、近隣の皆様方、各協力業者の皆様方のご協力によるものだと思っております。ありがとうございました。

担当:建築本部 袴田 真伍

浜松中央長上苑 増築工事

201705_03-01.jpg
 本浜松中央長上苑は社会福祉法人七恵会様発注の老人福祉施設で、平成26年3月に竣工しました。今回も前回と同様、株式会社鈴木組とのJVで受注した物件です。

 今回の増築工事は、5階の一部を増築、4階の一部を改修し、10居室のユニットを4つ増やし、140名が入所できる施設としました。

201705_03-02.jpg 当初の計画では、5階増築工事を先行して施工し、仮使用申請後3階入所者は5階へ引越し、3階の天井を解体し配管接続工事をする計画でしたが、入所者の負担を考慮して配管作業の見直しを行い、3階天井内で配管接続をするように計画変更をしました。そのため引越しをすることなく工事を進めることができました。3階天井内作業は細かく工区分けを行い、5階増築、4階改修工事と並行して作業をしました。また、床の斫り作業は入所者の食事の時間、隣接する保育園のお昼寝の時間を考慮し、1日あたりの作業範囲を施設担当者と調整し進めていきました。

 今回の増築工事は入所者の生活する中での工事で不安な面がたくさんありましたが、七恵会職員の皆さま、設計事務所のご協力により無事故でスムーズに工事を進めることができ、お施主様に喜んで頂ける建物が出来たことを感謝したいと思います。また、作業時間や音の制約のあるなかで工事を進めることが出来たのは各協力業者のご尽力によるものと感謝しています。

担当:建築本部 平野 貴久

村井様邸新築工事

201705_02-01.jpg 今回の建物は、木造2階建て、建築面積149.05㎡、延べ床面積258.35㎡の2世帯住宅です。耐震性を考慮して制振装置の設置を行い、断熱性能を上げるためのウレタン吹付け断熱、樹脂サッシ等を採用したことで、工事中にもかかわらず断熱性能の高さが体感できる、高性能な住宅となりました。

201705_02-02.jpg 当初はご家族の思い出の詰まった既存の母屋の解体を惜しまれての建て替えでしたが、お客様のご意見や、お困りになっていることをうかがいながら、間取り、収納にもこだわり、より広くより使いやすい工夫を随所に盛り込んでいけたこと。特に、無垢のフローリング材や、オールステンレスキッチンなど、高品質な製品を採用できたことで、建物の完成が近づくにつれて、ご家族の皆様や、ご友人の方からも完成を心待ちにしていただける建物になりました。

 本工事を発注いただいた村井様には、以前弊社にて掛川の牧場の牛舎新築工事を施工させていただいた経緯もあり、土木、建築そして今回の住宅部とオール中建としての工事の集大成を担うものであったため、担当者として良い意味で重責を感じながら無事に工事を完了させることができました。

担当:住宅事業部 清水 隆征

プライムメイツ知多半田 新築工事

201705_01-01.jpg
201705_01-02.jpg 当現場は、名鉄不動産株式会社様より継続発注頂いた工事で、私自身約6年ぶりのマンション施工物件です。場所は、名鉄河和線知多半田駅から徒歩2分程の半田市雁宿町で、北側には半田市福祉文化会館が隣接しています。

 工事概要は、RC造15階建、敷地面積2053.79㎡、建築面積682.58㎡、延べ床面積6860.53㎡で、横へ5軒72戸の分譲マンションです。

 工期は、平成27年12月7日から平成29年9月28日で、平成28年6月から棟外モデルルームにて先行販売されています。平成29年1月からは、別のタイプを公開して販売推進中です。

 現在は15階の躯体工事、3階から6階は内装工事、7階から10階は造作工事中であり、外装タイル及び吹付も順番に仕上げています。4月中旬に躯体上棟のため、これから各工種共に最盛期となります。その後6月末までに外部足場を解体し、7月は外構工事を進めつつ8月にかけて諸検査を行い、9月末竣工予定です。

 杭やスリット欠陥などの構造問題が続き、施工管理チェックが以前より細かくなっています。品質においても要求レベルが上がっているため、満足して頂くにはそれぞれの技術レベルを上げる必要があります。残り約6ヶ月となりますが、皆様のご協力を頂き高品質な建物を築き、無事故で竣工を迎えたいと思います。

担当:名古屋支店 山内 良昭
201701_04-01.jpg
201701_04-02.jpg 当工事は、古くからのお客様である、豊田市の石川昭夫様発注の工事で、豊田市土橋の土地区画整理地内での鉄筋コンクリート造4階建、全16戸(1フロアー4戸)のワンルームマンションです。

 豊田市土橋土地区画整理地は、東名豊田ICから車で5分程度の場所で、名鉄三河線・土橋駅を中心として開発が進んでおり、我々の工事の周りでも、店舗付戸建て住宅や、事務所ビルといった工事が行われています。

201701_04-03.jpg 今回のマンションはトヨタ自動車関連の企業等に勤められる単身者を中心とした方が入居者層ではないかと予想されます。

 工事は、昨年5月のGW明けから着工し、9月初旬に躯体上棟、10月中旬から下旬に足場解体、その後外構工事を経て、11月25日に御引き渡しをしました。無事竣工できたことを協力業者の方々に感謝します。早い方で12月初旬から入居開始ということです。

担当:名古屋支店 高橋 信成

辰巳屋興業株式会社 静岡営業所新築工事

201701_03-01.jpg
 本工事は、辰巳屋興業株式会社様が発注しNTTファシリティーズ様の施工協力という立場で工事を行いました。工事場所は静岡市駿河区池田のJR東海道線に隣接した所です。

 建物概要は、鉄骨造地上3階建、敷地面積462.51㎡、建築面積270.28㎡、延べ床面積 764.44㎡で、1階は事務所・倉庫、2階は倉庫・更衣室、3階は倉庫・会議室となっております。

201701_03-02.jpg 辰巳屋興業様からは発注金額内に抑えつつ、工期内に竣工して欲しいという要望がありました。しかし、地盤調査時点で隣地から油が漏れており、土の入れ変え、遮水壁の設置などの工事が発生したため着工が遅れる事態が起き、工程をつめて行う必要が出てきました。そこでVE提案として、倉庫内の石膏ボードEP塗装を灰色石膏ボードに変更し塗装手間をなくしたり、腰壁の難燃ラワン合板の中止など様々な提案をしながら工事を進めていきました。

 今回の工事は私にとっては初めての現場代理人として行った現場になりました。上司や先輩、設計・管理のNTTファシリティーズの皆様のご協力や沢山のご指導もあり竣工を迎えることができました。入社して4年目でまだまだ分からないことが多いですが、今回の経験は必ず次回に活きると信じ、これからもより良い建物を作っていきたいと思います。

担当:建築本部 村松 涼

公共災害復旧工事 大浜地区海岸

201701_02-01.jpg
 当工事は、福島県相馬市の太平洋海岸沿いにあり、平成23年3月11日に起きた東日本大震災により破壊された、海岸堤防を4年かけて復旧するという大規模な工事です。

 工事区間は12、13工区と2つに分かれており、12工区が川崎、稲垣、13工区が松井透、鈴木健介のメンバーで日々管理を行っています。両工区とも、約15万㎡の大型盛土を施工した後に、コンクリート二次製品にて海岸堤防を復旧していく工事です。

 12工区は、施工延長が880m、海側法長12m、山側法長7mの海岸堤防を復旧する構造で、13工区は施工延長が760m、山側の護岸は12工区と同じ構造です。海側については異なり、既設で使用可能な護岸ブロックをそのまま利用して復旧する工事で、更に線形がSの字になっているため、大浜海岸の堤防復旧工事の中で一番難しい施工箇所です。昨年11月末で12工区が84%、13工区が95%完成し、両工区とも現場は現在ピークの真っ只中です。

 福島県の工事では、震災により今までにない膨大な数の現場があり、事故・災害も非常に多いので、工事完成に向けて最後まで気を引き締めて、安全第一で現場を進めていきます。

 最後に協力業者の皆様には、県外からの出張や、長い通勤時間をかけて現場に来ていただき、深く深く感謝しております。

担当:土木本部 松井 透/川崎 欣司

公共災害復旧工事 百間橋河川交付工事

201701_01-01.jpg
 本工事は、福島県相馬市和田地内の市道日下石石上線の宇多川及び小泉川に架かる「百間橋」が大型車両規制のある橋のため、同じ場所に通行可能な橋を架け替える工事で、3段階に分けての工事計画のうち1段階目の上部工撤去工事です。

 橋梁の、主桁が非常に重いのと作業半径の関係で150tクローラクレーンの計画になっていました。しかし、現場内には水田と2本の河川があるため、工事用通路及び橋を撤去した際に部材を解体する施工場所を確保する必要がありました。

 そのため各河川に仮桟橋と施工ヤード・工事用通路確保のために、1万㎡を越える盛土を行いました。

 盛土施工にあたり、本工事では、新技術の情報化施工による施工管理を実施しました。衛星からの通信システムを用いたICT建機が事前に入力した起工測量データに沿って盛土の敷均し高さ、法面の勾配、施工位置を自動制御で管理を行い施工しました。これにより、従来の盛土前に行う丁張設置作業が不要となり工期が短縮されました。また、重機の自動制御による作業の効率や安定した品質確保につなげることができました。

 橋梁解体作業時は、危険要素が多くありましたが、綿密な打合せや協力業者からの改善提案により工程に余裕を持って工事を終えることが出来ました。元請の小野建設様を始め、協力会社の安全に対する協力・意識のおかげだと痛感しております。この場をお借りして、本工事に携わった全ての皆様に厚くお礼申し上げます。

担当:土木本部 松浦 宏/山崎 達哉