袴田啓紀の本気。

10年後には最前線で会社を牽引する存在になりたい。

現場はひとつの会社のようなもの。入社3年目でそれを任されているのはすごいことだと思います。
仕事自体は図面で描いていたものを1分の1のスケールで作っている感覚があり楽しいですが、人とのコミュニケーションが重要な仕事なので、誠実に人と接することを特に心がけています。 しかし、言うべきことは言う。ここが難しいところですね。
ひとつひとつを積み重ねて10年後には会社を牽引する存在になりたいです。


中村建設を選んだ理由

地元に根ざしている。歴史がある。地域社会への貢献を重要視していること。自分の出身校を建てた会社ということも何かの縁を感じました。

入社する前と入社してからの中建の印象

入社前は社名と一部の実績ぐらいしか知りませんでしたが、周りを見渡すと当社が施工した建物や道路、橋などが数多くあることに驚きました。 また社員ひとりひとりが現場を経験しているので、施工管理以外の先輩方にも何かにつけてアドバイスをもらえます。そこが思っていたイメージと大きく違うところです。

どんな仕事をしていますか

建築物の施工管理

仕事に対してのモットー

誠実に人と接すること

先輩からの本音:どんな仕事をするかよりも誰と仕事をするかが大事

入社する前はどんな仕事をするかということばかりに目を向けがち。しかし実際は誰と仕事をするかということの方が重要。 会社説明会などで感じた担当者の人柄などがやはり社風に現れていると思います。中村建設は暖かい会社です。

  • ●2012年入社 建築本部所属
  • ●静岡文化芸術大学大学院卒 袴田啓紀

  • ●趣味、休日の楽しみ/映画鑑賞(仕事帰りでも行ってしまう)
  • ●好きな場所/カフェでない喫茶店

偉そうではダメ。しかしおどおどしていても成り立たない。